スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
むう!
2009年12月27日 (日) | 編集 |
今回は、久しぶりに見た映画のお話。


『MW』

なんか前評判からいやな予感はしていたけど…
別に宣伝ほど「問題作」でも、「タブー」でもないと思った。
当たり障りのない映画。
ただ、玉木宏の良さがわかった。
すごくはまり役だったと思うし、かっこよかった。
危うさとか、不思議な魅力とか。
っていうか、玉木宏をこの映画から除いたら、何が残るんだろう?
人物の描写がお粗末過ぎて、結局誰にも感情移入できずに終わってしまった。
個人的には、感情移入できないと物語の中に入れない。
結局、殺人鬼がいかに緻密に、非情に、犯罪を行っているかばかりに焦点が行っていた。
その犯罪の場面でも、運がいいとしか見えないところや、もう少し楽な方法を私ですら思いつくというところもあった。
しかも何故、犯罪が起こるところはバンコクが多いの?
懐かしい場所や光景を見ることができたり、タイ語がちょっとだけわかったりして、その辺は嬉しかったけど。
現実もそういうものなのか?
犯罪の巣窟みたいな。
そういう面もあるだろうけど、なんとなく納得いかない。(根っからのタイ贔屓)
結局MWがどれほどの脅威なのかも、ふたりの関係も、しっくり来ないまま終了。

原作が気になって読んでみたけど、こっちはすごいの一言に尽きる。
神父さんの苦悩も、殺人鬼の狂気も、メッセージも。
ごはん屋のおっちゃんが何気にすごい。
殺人鬼さんを玉木宏にうっかり脳内変換してしまって、ふあー!!ってなること多数だったけど。
でも、そういうキタナイ部分も描いているからこそ、物語に厚みがあるっていうか。
少なくとも、私にはあんなに頭使うことはできないなーと思いました。




明日(ってか今日)から、横浜行ってきます。
スポンサーサイト
2008年05月02日 (金) | 編集 |
本日、友達と映画を見てきました。
『相棒』
しかも舞台挨拶です!!!!!!!!
生右京さんです!!!!!!!!!!
本物……!
しかもめっちゃ近かったです。
映画が始まってからも含めて、ドキドキしっぱなしの二時間あまりでした。
キャストがすてきなのは三億年くらい前から決まってたけど、ストーリーもよかった。
そして亀山くんかっこよかった…。
危うくスクリーンに向かってプロポーズするとこやった。
水も滴るいい男♪
終わってかなり経ってますが、未だに興奮状態です。
自分がしたいこと・しなきゃいけないと思ったことをして生きるのは、なんかかっこいい。
相棒は、単なる推理ドラマじゃないからいい。
入ってみよう、ドラム缶
2007年10月01日 (月) | 編集 |
日本~クアラルンプールの飛行機の中で見た映画。
「バブルへGO!タイムマシンはドラム式」

なんかおもしろかった。
昭和な雰囲気味わえた。
むしろバブルを味わってみたい。
興味でしかないけど(笑)
阿部寛かっこいい。

ちなみに某海賊映画は寝てしまって、結局何がなんだか分からんかった。
取り憑かれる
2007年06月20日 (水) | 編集 |
『悪魔大臣』

感想を一言で述べるなら、「頭おかしい」
めっちゃおもしろかった。
笑った笑った。
でも、ホラーが苦手ということを再認識。
金属が触れ合う音とか、血とか…。
リアルじゃない血なら全然平気だけど、血をぬぐいながら赤ワイン飲むなよ、みたいな(笑)
巷で噂の作品をようやく見れて、ちょっと感動。
二車線、一方通行
2007年06月18日 (月) | 編集 |
『嫌われ松子の一生』

愛することって、むずかしい。
愛されることって、むずかしい。
愛に気付くのが、一番むずかしい。

ずっと泣きながら見た。
決して幸福とは言えない人生のなかで、それでも最後まであきらめない。
そんな強さ。
嫌われ松子でも、全員に嫌われていたわけじゃない。
失って初めて気付く愛。
人類みんなにとって普遍的ではなくとも、自分にとっては本物の愛。
歪んでても。
泣きながらでも。
それを「幸せ」と言い切れる強さ。
みんなのいう、宗教的神でなくても、ただ一人大切な人が「あの人は愛だ」と言ってくれたら。
なんてしあわせ。
地獄に行っても、それが私の幸せだって言い切れるのが、少しうらやましかった。

「ただいま」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。