スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
利己的持論至上主義
2007年01月28日 (日) | 編集 |
明日から、恐怖のテストが始まる。
専攻語とか、どないしよ。
今まで後回しにしてたツケが、今になってばっちり回ってきてる。
後回しにする癖、どうにかしなきゃ。
進級できたら、もうちょっとちゃんと専攻語しよ。
というわけで、今日は友だちとミスドへ勉強しに行く。
人の目があるせいか、家ではだらけてしまうけど、今までに無く集中してできたかも。
明日の1限から、専攻語です。
とりあえず、持てる限りの語力をフル活用して、自滅してきます。
いや、うそ。頑張ってきます。

今日、茶道教室の先生に紹介メール(?)を送った。
ちょっと実はドキドキしてる。
数日後に連絡が来るらしいけど、できれば手紙かメールがいいなぁ。
いきなり電話がきたら、ちょっと照れる。
どもってしまいそうよ…。
日本的な人になってみせる!

あー、それにしても、私は利己主義だよなぁ。
真の利己主義は、人が我侭を言ったときに受け入れられないことをいうのか持ってちょっと思った。
自分も我侭なくせに、ね。我侭という基準に悩む。
それも結局は個人の基準。基準なんてあいまいなもの。
それを気にする私は、A型だからなのか?
そんなものにこだわらなければいいのにね。
でも、他人が我侭って思うことは、結局は自分に対する被害と照らし合わせてのことなのかも。
被害っていう表現が正しいのかは分からないけど。
でも、とにかく。
こだわりは捨てなきゃ。我侭な人にならないようにしなきゃ。
…そして八方美人度が増す。
人間、理想に近づくのは難しい。
完全に自己を捨てて、人のために行動できるのは、歴史に名が残るような偉い宗教家。
私ごとき俗物には所詮無理なこと。
そんな、高すぎる理想なんて求めてないのにな。
自分の人間的理想も、よく分からない。
子供のときからそうだったけど、「こんな大人になりたくない」っていう像だけは、はっきりしてる。
それは親だったり、先生だったり、テレビに映ってる容疑者や政治家の仮面をかぶった極悪人の悪いところを、そのままイメージしたものだけど。
こんな風になりたいという理想は、どんなだろう?
学校教育で習う「いい人」は、高すぎる。
世間一般では悪い人でも、誰かにとってはいい人かもしれないのに。
かの有名なアドルフ・ヒトラーを愛する人もいたのだし。
全くの正義の人は、よっぽどの偉い人か、狂っているか。
型にはまりきった行動しか取れない私は、ステレオタイプの象徴。
いい人にもなれず、悪い人にもなりたくないし、その狭間の迷子。
迷った挙句、行き場をなくして消えてしまう。
でも、それも悪くない、と最近思う。
嫌な私でも、一生をかけて、好きになれたらいいな。
利己的で、自分を守るのだけはやたらうまくて、八方美人で。
そんなダメダメな私でも、一緒にいてくれる人がいる。
モロ家といい、近所の住民といい、大学に入って滅多に会えなくなったけど、いまだ交流のある友達や双子といい、こんなすてきな人らがわらわらいてくれるんだから、ほんの一握りでも、私にはいいところがあるはず。
…って言って自分を励ます。(笑)
自分の悪いところも、いいところも、見つけられる人になれたらいいな。
それが分かるのは、消えてしまう、死ぬ直前でもいいから。
最近は、自殺するくらいならインドかミャンマーに行こうと思う。
前まではインドだったけど、ミャンマーもいい感じ。
たぶん、ミャンマー行くわ。
もしそこで体調崩して死んでも、それはそれで人生。
でもまだまだ日本に居座るつもり。
旅行とかでは、なんとしてでも行くけど。
死んだ気になったら、何でもできるはず。
あー、でも、自分の与える影響くらいは、自覚するべきだよなぁ。
ってちょっと思う!
しゃあないけど。

テレビで深海魚を見た。
最近よく打ちあがっているそうな。
なんかかわいい。
深海魚は一度海面のほうに浮き上がってしまうと、浮力の関係上、二度と深海には帰れないそうな。
故郷に帰れず、異国の地で好奇の目にさらされる。
太陽だって、必ずしも善ではない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。