スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誰にも届かぬ
2007年05月30日 (水) | 編集 |
何かが恋しくて、遠くて、もう何も見えない。そんな時、貴方ならどうする?私でない誰かなら。模範も何もかも、もう厭だ。何が希望で、何が偽りで、何が真実なのか。きっと全部同じもの。理想主義なんて、もう疲れた。何が私に必要なのか。たくさんのものを持ってて、たくさんの人に囲まれて、幸せって言わなきゃいけない。実際、幸せ。でも、それを壊れたラジカルみたいに連呼するのは、もう厭。例えば私っていう存在が今ここで溶けてしまって、この椅子と同化してしまったら、誰か見つけてくれるだろうか?一度でいいから、一度でいいから。何かを探すために命を懸けてみたい。こんな命なら、と思ったことは、数えきれないくらいある。そんな命が燃えて、なにかを残せるなら。脂肪だらけだし、きっとよく燃えることだろう。日時から飛び出して、非日常へ。現実から飛び出して、非現実へ。夢の中なら、そらのうえなら。これ以上の迷惑は、誰にもかけられない。でも。声にならない叫び、貴女にだけは届かぬよう。偽りでも、貴方には幸せな私が見えていますよう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。