スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正義
2007年05月01日 (火) | 編集 |
4月の終わりから5月の頭にかけての三日間、姉が大阪に遊びに来てくれた。
初日は道頓堀のタイ料理屋さんのバイキングで、腹がはち切れんばかりに食べる。
その後はダラダラした後で、ビルマのネイティブの先生のお宅にお邪魔して、ダラダラ。

次の日は、ビバ京都へ。
まずは恒例、抹茶パフェ。
IMG_0089aaa.jpg

幸せと感じる一瞬。

三十三間堂
IMG_0090aaa.jpg

すごいはすごい。
ただ、仏さまも人間も、息が詰まってしまいそうだったから、建物の中はちょっと苦手だった。
外はすごくいいかんじ。
お堂の裏側は期間限定弓道場みたいな感じ?
そっちの方が個人的には惹かれた。
弓道とか、向いてないのは分かるけど、憧れはある。
袴とか、かっこいいよなぁ。
IMG_0094zzz.jpg


その後、壬生の方の八木邸に行った。
IMG_0098aaa.jpg
私は今まで新撰組に特に思い入れとか無かったけど…。
かっこええわ、新撰組。
歴史をいろいろ教えてもらって、めちゃテンション上がった。
なんか、自分の正義とか信念とか、大事だなって思った。
幕末の動乱の時代では、自分の信念が全てだった。
今の世の中では、信念のないものはゆっくりと朽ち果てていく。
そんな気がした。
たとえばどうせ死ぬなら、短く太く。
例え後の世の人に笑われても、嫌われても、自分の信念を貫いて、一瞬の煌きに懸ける人になりたい。
「普通」の生き方をするのは、私じゃなくてもいい。
並外れた何かを持っているわけではないけど、私でいたい。
ゆっくり、微笑んだまま朽ち果てていくのは、本当に嫌だ。
それはもう、生きながらの死。
ゾンビと同じ。
そんな勇気を持った人になりたい。
…とまあ、わけのわからんことを考えつつ。
それにしても、ここで何とかさんが滅多切りにされて殺された、なんて、ちょっとぞっとする話。
IMG_0095anm.jpg
刀傷。
その道では有名らしい。
IMG_0096aaa.jpg

この文机につまずいて殺されたとか。
命が消える。
IMG_0099aaa.jpg

誠の一文字は、重い。

IMG_0103aaa.jpg

なんかのドラマに使われたらしい。
あいにく知らないけど。

そして、またまた食べる、今度はネパール料理。
チーズナンめっちゃおいしかった。
お店の雰囲気もいい感じ。
日本にいるってこと忘れそうになるけど(笑)

結論。
新撰組の本、なんか読んでみたいかも。
(勢いに任せてマグカップ買った人)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。