スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2日目
2007年01月08日 (月) | 編集 |
脱水症状になりそうなくらい暑い。
気をつけておかなきゃ、気づかないうちに水分不足。

朝、6時半にホテルを出て、ファランポーン駅へ。
タイ文字の電光掲示板が目新しい。
IMG_0024a.jpg

なんかかわいい。
ごっちゃーっとした生活空間を垣間見たり。

それから市場に行って、ヌードルを食べる。
IMG_0027a.jpg

味付けは自分でするものだとか。
机の上に、唐辛子・酢漬け唐辛子・ピーナッツ・砂糖が置いてあって、甘党な私は、ピーナッツと砂糖をどばーっとかけた。
おいしかった。
ピーナッツの味がいい。
食べてたら、虫が丁度レンゲに降って来た。
セーフ!!

食べ終わったら、ソンテウという、軽トラの荷台に屋根を付けて、向かい合わせのベンチが付いたような乗り物に乗って、お世話になる大学まで。
窓なんてもちろんないから、風が吹き抜けて、見晴らしも良くて気持ちいい!

大学内は、とても広くてきれい。
IMG_0035a.jpg

校舎の中に中庭(って言うのかな?建物の中に庭があるやつ)があったり、校内に池があったり、仏像が奉られてたり…。
日本語の授業に参加した。
日本人にとっては「当たり前」のことをたくさん質問された。
「なぜ?」なんて考えたこともないような、習慣になっていることも聞かれて、答えられない自分が恥ずかしかった。
それから、簡単な日本語に言い換えようとしても、すっと出てこないのが嫌だった。
フォーリンナートークが、こんなに難しくて根気が要るものだとは、知らなかった。
私の友達の留学生は、本当に日本語が上手だったんだってことに、改めて気づく。

それから、グループ行動でタイの大学生の女の子たちに大学内を案内してもらった。
最初、食堂でごはんを食べた。
日本のとは違って、屋根だけの、壁がないところで、どちらかというと屋外にある感じ。
開放的で、すごく気持ちよかった。
料理もおいしかった。
辛くても、なんだかおいしい!
ジュース売り場には、ハエがたかってた。
でも、別に、自分のコップに入ってなかったらええわ!って思って、買った。
その辺、私、変わったなーって思った。
結構A型気質か知らんけど、ときどき潔癖症で、虫とかは嫌だったんだけど、なんだか知らんけど、いんじゃね?みたいな感じになった。
だって、喉渇いてるし、ジュースおいしいし…。
他のところも、私が通っている大学よりずーーーーーーーーっときれいで、ちょっとがんばれよ!って感じだった。

それから、さっきの子たちと街に出る。
タクシーで最寄のBTSまで行く。
相変わらず、車線ムシのハイスピード。
恐いけど、ちょっと楽しくなってきた。
BTSにしばらく乗って、タイでもっともご利益があるとされているエラワン・プームという祠に行く。
お花をお供えして、お願い事。
叶える為には、努力が大事。

それから、近くのショッピングセンターでお買い物。
服とか鞄とか靴とか、めっちゃかわいかった!
物価も安いし、買い物するならタイでかも。
結局、暑すぎるからTシャツ(日焼けと蚊に刺されるのが嫌で、ほぼ長袖オンリーやった)と、一目惚れした、めっちゃぶさいくでかわいい鞄を買った。
そこのフードコートで、夕食。
パタイという野菜炒め的なものと、スイカ(タエモーというらしい)のジュースにした。
デザートに、タイのお菓子を食べた。
IMG_0037a.jpg

ちょっと甘すぎる。

そのあと、バンコクで一番高いビルへ。
最上階は、吹き抜けで、床が回ってる。
涙が出るほどきれいな夜景だった。
そのあと、下の階にあるパブへ。
ビルに上った人は、飲み物がある程度の値段までなら一杯タダだった。
生まれてはじめて(たぶん)、パブというものに行った。
向こうでバンドの人が歌ってはるし、大人の気分…。
200701082304000.jpg


その後、タイ名物トゥクトゥクで最寄り駅まで。
最後は地下鉄を使って、ホテルの駅まで。
結局、ホテルまで送ってもらった。
本当にいい人たち。
たぶん、これは観光客用のもので、地元のタイの人にとっては、すごく高い入場料だったはずなのに。
なんで、タイの人はこんなに親切なんだ?って思った。
どんなに感謝してもし尽くせない。
私、何もしてないのに…。
IMG_0041a.jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。