スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
古典に触れる
2007年01月28日 (日) | 編集 |
最近何故か、古典を読みたい気分。
受験シーズンに触発されてかしらんけど、テスト終わったら何か読もうかな。
私の古典必勝法は、有名な古典を、図書館に置いてある古典マンガで読むこと。
意外と頭に残るし、雰囲気も味わえて良。
まぁ、独特な感じはするけど。
それもまた。

高校古典で、伊勢物語の白玉の話が好きだった。
ストーリー的には、探せばたくさん出てきそうだけど、歌がいい。
百人一首を小学生の時に全部覚えたという、時々マニアック。
白玉か 何ぞと人の問ひしとき 露と答へて きへなましものを
で合ってたはず。
どこかの解釈で、「姫をさらわなければ、とか、自分が鬼を退治できていれば、という後悔ではなく、その時には必死だったので無視してしまった姫の問いに答えて、その露のように自分も消えてしまえばよかったのに、と詠んでいる」って書いてあって、なるほどって思った。
センターの過去問で読んだ、恋路ゆかしき大将、とか何とかっていう話も結構好きだった。
かわいらしい。
源氏物語は、絶対読破しようとは思うけど、好きになれないかも。
風雅の道を極めたいもの。
模試の漢文で牡丹灯籠の最後を読んで、テスト中なのに泣きそうになった。
これこそ愛。
これこそ究極の恋愛小説だと思う。
歪んでても、真剣。必死。
古典は良い!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私も『伊勢物語』のその歌が好き(*/∇\*)私はあんまり古典には詳しくないので、感覚的に『好き』なんだけどね。確かその話の姫サマのモデルの人は『たかいこ(?)』さんだったので何か人事とは思えなくて
(↑お姫さまと自分を重ねるなんて、すっごくナルシストやわ(笑))

うち、実はキムチ食べられないんだ(笑)早くも食べ物には苦労しそうやわ(T-T)
2007/01/29(Mon) 18:15 | URL  | ゆりあ #-[ 編集]
>ゆりあさま
たかいこ…(笑)
そんな名前だったんやぁ!
でも、昔の女の人の本名は、きれいだったら鬼にさらわれてしまうからって、わざと汚い名前をつけて、この子はかわいくないですよーってアピールしてたって聞いたことある。
たかいこって、めっちゃ高貴な感じやなぁ。

食べ物は絶対慣れるって!
この超甘党な私が、タイでの生存競争に勝ち残って(?)、見事太って帰ってきたんだから、間違いなし!
2007/01/29(Mon) 21:44 | URL  | mororiro #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。