スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
進化まであと、レベル3
2007年02月15日 (木) | 編集 |
今日は魅惑のサングラスさんことマイダーリン(笑)と、専攻の友だちと、なんば・梅田たこ焼き+αβγツアー。

まずなんばまで行って、千日前のあたりでたこ焼き食べる。
都会に出ても特に迷わず、すたすたと歩いていけるのはすごい。
さすがやわ。
そのあと、日本橋のほうまで行って(初進出☆)、キャベツ焼きを食べる。
ちょっとでんでんタウンも歩く。
なんか、都会やわ。
見たことないお店がたくさんあって、おもしろかった。
その後、道頓堀のほうまで歩いて、さらにたこ焼きを食べる。
買って、食べようと思って3人でお店の近くのベンチに座ったら、おむかいさんのお店で、何故か地元で超有名なSえもんがいた。
20070601235510.jpg
別にそれを目的をしてたわけでもなく、全然知らなかったのにそんなんで、めっちゃびっくりした。
さすが大阪。

そのあと、めっちゃセレブみたいな喫茶店入って、この1年間で、自分で買った中ではたぶん一番高価なケーキを食べる。
飲み物セットにしないのが、ケチな私。
お冷もおいしいよ。

梅田に帰って、始めてHEPに行く。
入ってすぐの赤い鯨二匹。思わずうはーっと叫んでしまった。
上にある、某モロ家のカビがバイトしてた遊園地的なところに行く。
めっちゃ笑える。
急流くだり、つぼかも。
ワイルドー!!!!!!!
そして、たぶん3年ぶりくらいに、プリクラを撮る。
最近のはずいぶんハイカラになってる。

それからダーリンに連れられて、生まれて始めてのライブハウスへ。
丁度無料ライブだったらしく、ドリンク代だけで入れて、ラッキー。
普段は二千円とかするらしい。
めっちゃドキドキしながら入ったら、会場の中にはピカチュウちゃんがいた。
曰く、「ばんぎゃ」なる女の子たちらしく、ばんどぎゃるの略だとか。
ライブが始まったら、あま~い声でバンドの好きなメンバーの名前を呼んだり、獣みたいな声で吼えたりして、「さく」らしい。
始まる前に説明してもらったんだけど、いまいちピンと来ない。
「ばんぎゃ」さんは、どこまでを指すのか。
ピカチュウちゃんとか、ケロロ軍曹だけを指すのか、高校生と思しき制服を着た女の子たちも指すのか。
「さく」というのは、一体全体どんなものなのか。
既に、流行に取り残され、枯れ果てた気分。
私が知らないだけだったのかもしれないけど、私の地元のアイランドにはライブハウスなんて無かったような気がするし、私の身の回りには、なんだか、あんまりない感じの世界だったから?
でもまぁ、なんせ最初はドキドキ。
たぶんその友達に連れられていかなかったら、一生行かないところだと思うし。
いい人なのかもしれないけど、たぶん普通に私が生活してるうえでは、あんまり仲良くなれないかもしれない人とかいるし。
私が連れて行ってもらったライブハウスは、ビジュアル系のバンドさんが多いらしい。
飲み物のカウンターも、始めてみるし、どきどき。
そうこうしてるうちに、ライブが始まる。
5つくらいのバンドさん+シークレットっていう組み合わせらしい。
1つ目のバンドさん。
なんか、あんまり好きになれなかった。
ビジュアル系ってこんな感じやっけ?みたいな感じ。
ビジュアル系独特のかっこよさを、なんか勘違いしちゃったよ、自己陶酔型ってかんじ?
言っちゃ悪いとは思うけど、実は、若干鳥肌たった。ホントに。
後で聞くところによると、歌とかもイマイチだったらしい。
これを本場のビジュアル系と勘違いした私は、ビジュアル系って、こんな感じだったのかな?私、別に苦手とかじゃ全然無いつもりだったのに、って、若干ショック受けた。
若干来たことを後悔してたら、2つ目のバンドさん。
めっちゃかっこいい。
ふつーに、めっちゃ心の中でノリノリだった。
そのころには、「ばんぎゃ」さん(これはカタカナ表記なのか?)とかがとても「さい」てた。(で用法は合ってるのか?誰か枯れ木のような老いぼれに救いの手を。)
頭が千切れるんじゃないかってくらい、ぶんぶん振り回して、私は隣の人とごっちんするんじゃないかって心配だった。
私が今までの約20年間で、こんだけ動かしたこと無いってくらいの、未知の速さと激しさだった。
これも「さく」の一種なのかは知らないけど、そうだと理解したから、私の解釈で勝手に決める。
もちろん、その2組目のバンドさんになったら、全然来たこと後悔してないし、むしろ来た私万歳みたいな。
めっちゃすてきなバンドさんだった。
ボーカルさんはめっちゃかわいいし(男の人だけど)、メンバー仲よさそうだったし、素人目だから詳しいことは知らないけど、上手だし。
なんか、見てて楽しくなる。
私が見た中を通しても、一番よかったと思う。
その人たちはシークレットの人たちで、バンド名もわからないし、しかももうじき解散してしまうらしい。
それが、残念。
それから何組か見て、帰る。
花が舞ってた。
春だよ。
ライブハウスって、ひとりだったら怖くていけないけど、めっちゃおもしろいところかも。
ステージ見ても、お客さん見ても、楽しめる。
今日一日で、すごくいろいろ経験した感じ。
経験値も一杯たまって、レベルアップ。
もうちょっとで進化できそうです。(何になるんだろう。さなぎあたりがおすすめ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
キャベツ焼きキャベツ焼き(きゃべつやき)は、水に溶いた小麦粉にキャベツを入れた物を鉄板で焼き、天かす、卵などの具を入れて焼いた料理。お好み焼きの一種である。キャベツ焼きの祖である一銭洋食についてもここで記す。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotati
2007/03/06(Tue) 23:10:18 |  すしなびどっとこむ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。