スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
放浪~カンボジア
2008年09月30日 (火) | 編集 |
ラオス-カンボジア国境を超える。
初陸路。
領事館の人には止められたけど、ヤギとかニワトリとかカモがうろうろしている自然豊かで和やかな国境でした。
カンボジア側のイミグレの人が何故かめっちゃ優しくしてくれた。

P1020260a.jpg
クラチエの朝日。

P1020264a.jpg
プノンペンのセントラルマーケット。何でも売ってる!

P1020265a.jpg
プノンペンの街。都会でびっくりした!

P1020275a.jpg
プノンペンにある王宮。
何故か塔の上に顔がついてる。

P1020278a.jpg
建築芸術だ。

P1020279a.jpg
何故か猿がいた。
街中なのに。

P1020282e.jpg
白と金と青のコントラストが美しいシルバーパゴダ。

P1020284a.jpg
王宮の近くにある国立博物館にて。
ロの字型に広がっている。



その後トゥールスレン(ポルポトの拷問のために使われた元高校)にも行ったけど、恐ろしくて写真を撮れませんでした。
鳥肌が立ちっぱなしでしたが、それでも行ってよかったです。



バスでシェムリアップまで。

P1020286a.jpg
土煙の激しいシェムリアップの道。

P1020288a.jpg
アンコールワットの夜明け。
残念ながら雲があった。
さらに残念ながら、小日本が形成されていた。

P1020289a.jpg
でも、やっぱりきれいなものはきれい。

P1020300a.jpg
バイヨン。
人の顔だらけ。

P1020302a.jpg
急な階段があるタケウ。
命がけ。

P1020304a.jpg
自然の偉大さがわかるタプラーム。

P1020305a.jpg
ただ一言。
すごい。

P1020307a.jpg
胸をたたくと「ぼーん」と不思議な音が響くお堂。



P1020310a.jpg
オールドマーケット付近にて、羽化寸前の卵売り。
卵の中身の写真もあるけど割愛。
食べず嫌いはするもんじゃない。






その後陸路でタイに入国し、翌日バンコクから空路でミャンマーへ。

P1020314a.jpg
空港で見つけた不思議な日本語。
「タイ・バンコクの空港で」というのがミソ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。